アメリカへの転職にはソーシャルメディアを活用する

アメリカへの転職に強い

海外への転職は『JAC Recruitment』

アメリカへの転職について

かなり日本とアメリカの転職事情は異なる部分が多いといいます。学歴にとても重きが置かれるのが、アメリカでの新卒者の就職だという部分がかなり差があるところです。日本では転職での学歴差別をなくすために、学歴を重視しない採用方法をとる会社が多く見られます。たとえ大学院を卒業していても、優遇されて就職できるわけではないといいます。新卒者と院卒者の初任給はほぼ同じくらいという会社がほとんどではないでしょうか?日本の企業採用は、入社後伸びる可能性を重視し、業務知識の有無を問わないポテンシャル採用です。対して、アメリカでは修士号や博士号を持っている方が転職に有利です。新卒者でも専門的な技術と実務経験を持っている、即戦力であることを重視します。ポイントになるのが大学の専攻内容で、同時に成績も重要となります。アメリカでは銀行に採用される新卒者とは、ビジネス専攻、経済学専攻、ファイナンス専攻の人がほとんどです。逆に日本では、どの学部で勉強したかはほとんど気にされることはないといいます。アメリカの転職では大学時代の成績も重要なので、大学生は必死に勉強をします。膨大な量の宿題をこなし、積極的な発言が求められる授業に出席し、レポートや課題をこなしていい成績を残すことが、アメリカでは転職につながるのです。

アメリカではインターンシップを利用しての転職を

転職をアメリカでするときに、かなり重要な位置を占めるのがインターシップ制度です。研修生として学生が企業などで実際に仕事をするのが、インターシップ制度です。自分の適性を見極めたり、会社にアピールして転職につなげることです。ほとんどの場合アメリカの学生インターンは大学に入るとすぐに職場体験のために入り、無給で働きます。アメリカでは、卒業までインターンを続けることで、正社員として必要なレベルまで能力を向上することができます。アメリカでは、高校の時から夏休みを利用して積極的にインターンに参加する生徒も多く見られます。能力があるとインターンした会社で判断されて、そのまま内定をもらう人もたくさんいるといいます。学生が就職をするためにインターンをするのは、アメリカでは当たり前になってきているのです。アメリカでは新卒者といっても即戦力になれる人材を求めています。卒業までに即戦力として育成し、卒業したらすぐ採用するために、インターンとして学生のうちから来てもらうという方法が一般的なのがアメリカの就職事情です。日本にもインターンの制度はありますがまだ一般的なものではなく、転職につながるケースはそれほど多くありません。アメリカの転職では、新卒採用とインターンは密接なつながりがあります。

アメリカでの転職にはソーシャルメディアを活用する

アメリカの転職活動の特徴は、インターネットを使うことがとても多いことです。応募書類の提出やエントリーをメールで行っている会社も案外多いようです。採用面接は電話やスカイプを使うというところもあります。非常にアメリカの国土が広いことや、採用しているのは世界各地の人材であることがその理由です。アメリカの都市はニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーと国内に散らばっています。採用面接の度にそれぞれの都市まで行っていたら、飛行機の費用が大変なことになるでしょう。近ごろではソーシャルメディアといわれるFacebookやTwitterなどが転職活動で使われているといいます。採用の可能性がソーシャルネットワークを使って転職活動をすることで、より高くなるという調査結果も出ています。最近は、ソーシャルメディアを利用すれば世界中のどの人とでも3人を介せばつながれるという学説もあります。よくアメリカの転職で言われるのは、本当に必要な情報は公開情報にはならず、口コミ伝わるということです。企業もソーシャルメディアを積極的に使って人材を探しています。ソーシャルメディアを活用してセルフブランディングを高めておくことは、アメリカでは転職のチャンスをつかむ重要なことだと言います。